• HOME
  • あなたはどのケースに当てはまりますか?

あなたはどのケースに当てはまりますか?

①子どもがいない場合

あなたに未成年の子どもがいない場合には,考えるべきポイントはたったの5つです。
それは,ポイント1,5,6,7,8です。

未成年の子どもを持つ夫婦が離婚する場合,どちらが親権者になるかというのは非常に大きな問題になります。


また,子どもがいる場合には,離婚後の子どもの養育費の負担なども大きな問題となります。


さらに,離婚後,親権者や監護者とならなかった親が子どもにどうやって会うかという面接交渉についても問題になってきます。
 

②離婚の同意が得られていない場合

相手が離婚することに応じないという場合,法の定めた離婚原因があるかどうかというのがポイントになります。

③子どもが成人に達している夫婦である場合

子どもがすでに成人に達した夫婦の場合には,婚姻期間が長期に及んでいることが多いため,婚姻期間中の財産の清算という財産分与が重要な問題になることが多いです。

④夫婦の一方が浮気などの不貞行為を行った場合

夫婦の一方が不貞行為を行った場合,慰謝料が問題となります。

当事務所では,依頼者の方々の状況を的確に把握し,問題点の整理を行った上で,御相談者の方のそれぞれに最も適切な問題解決の方法をご提案いたします。

離婚問題でお悩みになられている方は,お気軽にお問い合わせください。


まずはお気軽にお電話下さい!

ImgTop8.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!
※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さい。
●初めての方へ ●ご相談の流れ ●弁護士紹介
弁護士費用 ●事務所紹介 ●アクセスマップ
028-688-7481│相談のご予約はこちらお気に入りに追加する教育費の未払い問題相談表ダウンロードmailsoudan.png
Access map アクセスはこちら
当事務所の運営サイト宇都宮の弁護士による女性の為の離婚相談c25_logo_1.gif