• HOME
  • 離婚にまつわる共有不動産のトラブルについて

離婚にまつわる共有不動産のトラブルについて

 離婚を考え始めた時、どなたでも「一刻も早く離婚して、新たな人生を歩みたい」とお思いになられると思います。もちろん、新たな人生を歩みだすのは早いに越したことは無いと思いますが、離婚をする前に、決めておくべきことはしっかりと決めておかないと、後々大変なトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
 
 よく起こるトラブルが、共有不動産、共有名義に関するトラブルです。例えば、結婚している時、自宅を購入されることもあると思います。都心ではマンション、地方では戸建ての住宅を土地付きで購入されることもあると思います。しかし、不動産は人生で一番高価な買い物であるため、現金一括で支払いをできる人はほんの一握りです。そのため、不動産の購入にあたって、夫婦でお金を出し合って一緒に購入されることもあります。あるいは、両親に不動産購入価格の一部を負担してもらい、不動産購入をされることもあるでしょう。このような不動産の購入をすることで、購入した不動産は「共有名義の不動産(共有不動産)」になっているご夫婦も少なくありません。
 
 不動産の購入にあたっては、離婚を前提に不動産購入することは無いので、購入時点では、まさか共有不動産を持っていることによって、トラブルが生じるとは思っていないはずですが、離婚をするとなると、共有不動産も財産分与の対象となります。しかし、いざ離婚をするとなると、「もう一刻でも早くパートナーと分かれて次の人生を歩みたい」を思うために、財産分与は後回しにして、離婚を進められる方もいらっしゃるようです。よくあるパターンが、離婚後、夫婦のいずれかが共有不動産に住み続けるというようなケースでしょうか。このような経緯から、離婚を契機とした共有不動産のトラブルが発生することがあります。
 
 離婚後、時間が経過すると共有不動産に関して、自身の権利を主張するようになります。一方が不動産に住み続けている場合は、自身の権利分(持分)に相応の対価を欲するようになります。そこで、元配偶者に対して「共有物分割請求」を行われることがあります。
 
共有物分割請求訴訟とは、共有物の共有状態を、裁判所を通じて解消するための方法です。交渉で解決をすることが難しい場合、共有物分割請求訴訟をすることで、離婚を契機とした共有不動産のトラブルも解消できることがあります。
 
共有物分割請求においては、共有トラブルに詳しい弁護士に相談することで、スムーズな問題解決を実現することができるようになります。離婚を契機とした共有不動産のトラブルでお悩みの方は、まずは共有問題に詳しい弁護士に一度ご相談されることをお勧め致します。
 
 

まずはお気軽にお電話下さい!

ImgTop8.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!
※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さい。
●初めての方へ ●ご相談の流れ ●弁護士紹介
弁護士費用 ●事務所紹介 ●アクセスマップ
028-688-7481│相談のご予約はこちらお気に入りに追加する教育費の未払い問題相談表ダウンロードmailsoudan.png
Access map アクセスはこちら
当事務所の運営サイト
side_banner_04.jpg
宇都宮の弁護士による女性の為の離婚相談
c25_logo_1.gif