熟年離婚と財産分与

IMG_1480.jpg   熟年離婚の場合,特に問題となってくるのが,「財産分与」の問題です。再就職が難しい熟年離婚の場合,年金分割によって得られる年金だけでは生活できない方が多いです。そのため,「財産分与」により財産を分けることによって,足りない分を補充することになります。

財産分与については,離婚の意思を固めた後に考える方が多いようです。もっとも,再就職が難しい熟年離婚においては,財産分与でいくら受け取れるのかが離婚後の生活を決めるといっても過言ではありません。そのため,財産分与については,十分戦略を練る必要があります。その第一歩として,まずは,夫婦の共有財産をしっかり把握しましょう。


共有財産で代表的なものとしては,以下のようなものがあります。

 

代表的な共有財産

①不動産
②預貯金
③生命保険
④車
➄退職金
➅株式などの有価証券


共有財産として認められるものがどれだけあるのかを一度洗い出し,その内,自分が受け取れる財産の割合がどれだけになるのかを把握しましょう。ただし,財産によっては事前の調査や,分配の割合を検討する必要が出てきます。また,その財産の受け取り方や選別に関しても,離婚後の生活も考えた上で,最も良い方法を検討する必要があるでしょう。


そのため,熟年離婚を考える場合には,まずは,法律の専門家である弁護士にご相談されることをお勧めいたします。
 

熟年離婚についてはこちらもご覧下さい

●熟年離婚をお考えの方に ●熟年離婚のメリット・デメリット
●熟年離婚を考えた際に考えること ●熟年離婚の方法
●熟年離婚と年金 ●熟年離婚と財産分与

まずはお気軽にお電話下さい!

ImgTop8.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!
※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さい。
●初めての方へ ●ご相談の流れ ●弁護士紹介
弁護士費用 ●事務所紹介 ●アクセスマップ
028-688-7481│相談のご予約はこちらお気に入りに追加する教育費の未払い問題相談表ダウンロードmailsoudan.png

Contents menu

Access map アクセスはこちら
当事務所の運営サイト宇都宮の弁護士による女性の為の離婚相談c25_logo_1.gif