• HOME
  • 離婚後の手続き

離婚後の手続き

IMG_1477.jpg   離婚届を提出することによって,離婚自体は成立します。もっとも,離婚届を出す以外にも, 実際は,様々な手続きを行わなければなりません。離婚後に必要となってくる主な手続きとして,戸籍の変更手続き,子供に関する手続き,日常生活の各種変更 手続きがあります。ここでは,離婚後に必要になってくる手続きについてご説明させていただきます。

戸籍と姓

結婚をすると,どちらかの姓を筆頭とする戸籍を新しく作りその戸籍に入ることになります。一方で,離婚をすると,原則的として,結婚によって姓が変わった方は,結婚前の姓に戻ることになります。離婚する場合には,結婚によって新しく作った戸籍から除籍されるため,結婚前の親の戸籍に戻るか,新しく自分の戸籍を作らなければなりません。


離婚後の戸籍と姓の選択には,3通りの方法があります。
・婚姻前の戸籍と姓に戻る方法
・婚姻前の姓に戻るものの,ご自身を戸籍の筆頭者とした戸籍を新しく作る方法
・離婚後も婚姻中の姓とし,ご自身を戸籍の筆頭者とした戸籍を新しく作る方法


婚姻に際し姓を変更した方の姓は,原則的として,婚姻前の姓に戻ります。もっとも,本人が婚姻中の姓を継続して使用したい場合は,一定の手続きをすることによって,離婚した後も婚姻中の姓を継続して称することができます。離婚後も婚姻中の姓を継続して称したいと考えている場合は,離婚成立後3ヶ月以内に離婚の際に称していた氏を称する届を市区町村役場に提出しましょう。


離婚成立後,3ヶ月経過してしまった場合であっても,家庭裁判所に氏の変更許可の申し立てを行うことによって,姓を変更することができます。ただし,家庭裁判所に氏の変更許可の申し立てをした場合,家庭裁判所で,なぜ氏を変えるのかという変更を求める理由について厳しく問われます。そのため,姓の選択については,離婚成立後3ヶ月以内に手続きを行うようにして下さい。もし今すぐには姓を変更することはできないけれど,将来的には氏を変更しなければならないといった理由がある場合には,事前に法律の専門家である弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

離婚届とともに,「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出すれば,手続きは1回で済み,提出し忘れるといった心配もありません。もっとも,離婚をする際は,今の姓がいいと思っていても,いざ離婚届を提出してしばらくすると,旧姓に戻りたいと思うようになることも多々あります。

 

また,職場や子供の学校との関係で,ご自身の氏をなかなか変更しにくいということもございます。そのため,離婚後の姓をどうするのかについては,慎重に考えてから決めましょう。なお,離婚後,生活環境や心情の変化から,どうしても離婚の際に決めた姓を変更したい時は,氏の変更許可の申し立てを家庭裁判所行います。そして,家庭裁判所がやむを得ないと判断した場合に,離婚の際に決めた姓を変更が許可されます。

 

子供の戸籍

離婚して妻が親権者となったとしても,子供の戸籍は,妻の戸籍に移るわけではなく,夫の戸籍に入ったままになってしまいます。そのため,子供を妻の戸籍に入れるためには,家庭裁判所で子の氏の変更の許可を得た後,市区町村役場に「入籍届」を出さなければなりません。なお,妻が,結婚後の姓を名乗り,離婚前と離婚後で姓が変わらない場合であっても,同じ手続きが必要となりますので注意してください。
 

日常生活における変更手続き

今までお話しさせていただいたこと以外にも,離婚に伴って行わなければならない手続きは多数あります。主なものとしては,以下のようなものがあります。

・印鑑登録の変更手続き
・運転免許証やパスポートの記載の変更手続き
・年金,健康保険に関する手続き
・預貯金,クレジットカード,生命保険等における姓・住所変更手続き
・児童手当・児童扶養手当受給手続き等の子供に関する手続き

 

まずはお気軽にお電話下さい!

ImgTop8.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!
※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さい。
●初めての方へ ●ご相談の流れ ●弁護士紹介
弁護士費用 ●事務所紹介 ●アクセスマップ
028-688-7481│相談のご予約はこちらお気に入りに追加する教育費の未払い問題相談表ダウンロードmailsoudan.png
Access map アクセスはこちら
当事務所の運営サイト宇都宮の弁護士による女性の為の離婚相談c25_logo_1.gif