• HOME
  • 別居をサポートします!

別居をサポートします!

1 別居について

IMG_1477.jpg   夫(妻)とのご離婚をお考えの場合,同居したままご離婚の話を進めることも理屈上は可能で す。
もっとも、実際のところは,ご夫婦の感情的な対立のために,同居したままご離婚の話を進めることが困難なことが多く,そのような場合は,とりあえずご 夫婦のいずれか又は両方が家を出て別居してから,ご離婚の話を進めることになります。

 

2 別居をためらわれている方に


相手との生活はもううんざり・・・
相手から精神的に責められ,もう耐えられない・・・


そのように思って,別居をお考えの方は多いようです。

  IMG_1488.jpg
しかし,

・いきなり別居して,別居したこっちが悪者にされ、離婚のときに不利にならないだろうか?
・子どものためには,我慢したほうがいいのか・・・
・別居しても自分で生活できるだろうか?


当事務所にご相談にいらっしゃる方の中には,別居を考えているものの、お子さんのことや,経済的理由などで,別居をためらう方も多いです。

もっとも,別居をためらっていらっしゃる方から実際に話を伺うと、別居をためらうべきではないケースがほとんどです。

なによりも,相手との別居期間をおくことには離婚の話を進めていくうえで意味があります。それは,


・別居したことや別居期間そのものが夫婦関係の破綻の表れとみられることから,裁判上離婚が認められやすくなります。そのため,その前段階の協議や調停においても,離婚の合意が成立しやすい
 ・妻が夫からDVやモラハラを受けている場合,夫と別居しないかぎり冷静で対等な話合いは期待できない
からです。

当事務所では,別居をお考えの方に,別居に関する疑問点にお答えするとともに,別居に際して準備すべき点などをアドバイスし、スムーズに別居できるようにいたします。


別居をお考えの場合は,ぜひ別居前するに、法律の専門家である弁護士にご相談ください。
 

3 別居と離婚の有利不利

IMG_1500.jpg

 

夫との別居を検討する妻は,別居すると「悪意の遺棄」や夫婦の同居義務違反になり, 離婚の交渉上不利な立場になるのではと考えがちです。


当事務所にご相談にいらっしゃるご相談にいらっしゃる方にも、こちらから別居をすると、離婚が不利に なるのではないかと思ってらっしゃる方が多くいらっしゃいます。

もっとも,実際は,妻が別居して離婚協議上不利になることはほとんどありません。なぜなら,夫に何の落ち度もなく別居に至るということはほとんどなく,妻が別居したからといって妻だけに問題があるとされることはほとんどないからです。


ただ,夫に何の落ち度がないのに不倫した女性が不倫相手と暮らすために夫や子を捨てて家を出てしまった場合には,妻に落ち度が大きいと判断されてしまいます。

当事務所では,別居をお考えの方に,別居に関する疑問点にお答えするとともに,別居に際して準備すべき点などをアドバイスし、スムーズに別居できるようにいたします。


別居をお考えの場合は,ぜひ別居前するに、法律の専門家である弁護士にご相談ください。
 

4 夫(妻)との別居前にすべきこと

別居をしようと思った方の中には、一刻も早く別居しようと考え、今後のことを考えずに、まずは別居しようと考える方もいらっしゃいます。また、夫婦喧嘩をした勢いでそのまま家を出ていき別居しているということもあります。


しかし,相手方との離婚の意思が固ければ固いほど、別居前にしっかりと準備をしておかなければなりません。
具体的には,
・相手の収入、財産に関する調査
・ご自身の持ち物を持ち出す準備
・当面の生活資金の確保

です。

  IMG_1455.jpg

別居後の婚姻費用(離婚までの生活費)や離婚後の養育費を決めるためには,相手の収入に関する資料が必要となります。また、相手方の財産に関する資料(通帳,保険証券、株式などのコピー)を持っていた方が、離婚の際の財産分与がスムーズに進みます。このような資料は、別居してからご自身で集めることは困難ですので、別居前にある程度調べておくようにしましょう。

また,大事な物を家に置き忘れると,後で相手方と残置物の受け渡し方法に関して話し合わなければなりません。そのため、ご自身の持ち物で大切なものについては、別居時に持ち出せるように準備をしておきましょう。


さらに,実家に戻ることができなかったり、親族などの金銭的な援助が期待できない場合は,事前に、別居後経済的に自立できるようになるまでの生活資金を確保ておくようにしましょう。別居後は相手方に対して婚姻費用を請求できますが,すぐに支払ってくれるとは限りませんし、場合によっては、婚姻費用の支払いを求める調停をしなければならないケースもあります。また,新しくアパートを借りる場合には、引越費用,敷金・礼金・当初の家賃等はばかになりません。

このように、別居をするに際して、事前に準備をしておかなければならないことがいろいろあるのです。

当事務所では,別居をお考えの方に,別居に関する疑問点にお答えするとともに,別居に際して準備すべき点などをアドバイスし、スムーズに別居できるようにいたします。


別居をお考えの場合は,ぜひ別居前するに、法律の専門家である弁護士にご相談ください。
 

まずはお気軽にお電話下さい!

ImgTop8.jpg

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!
※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さい。
●初めての方へ ●ご相談の流れ ●弁護士紹介
弁護士費用 ●事務所紹介 ●アクセスマップ
028-688-7481│相談のご予約はこちらお気に入りに追加する教育費の未払い問題相談表ダウンロードmailsoudan.png
Access map アクセスはこちら
当事務所の運営サイト宇都宮の弁護士による女性の為の離婚相談c25_logo_1.gif